オンラインの議論を加速させる

視覚的に議論ができるカード型チャットツール

.postalk.io無料でβ版を使う
Arrow

こんなお悩みありませんか?

時系列・対話型の
コミュニケーションが難しい

チャット・通話などでのコミュニケーションは議論の過程が把握しづらく、今何を話しているかわからなくなったり話題がそれてしまったりすることが多くあります。

あれ。
今何の話してたっけ?
(さっきからまともに話進んでないな..)

複雑な話題は
文書では理解がしにくい

複雑なコミュニケーションの場合、情報の構造が把握ができず理解がしづらいという一面があります。また、文書には属人性があり書いた人以外はあまり記憶に残らない一面があります。

それ、2週間前の議事録に書いてあるから見といて。
(参加してないから見てわかるかな..)

図形ツールを使うのは
めんどくさい

中にはスライドショーツールやデザインツールを使ってコミュニケーションをとる方もいるかと思いますが、図形を書いたりツールを立ち上げたりすることが煩わしく感じたことはありませんか?

訂正点があればお願いします。
構成案.pptx
(これ開いて修正しなきゃいけないのか..)

が解決します!

リアルタイムに視覚的な表現ができる

常に視覚化されるので何を話しているか一目瞭然です。構造的になっているため、後から見るとき、また、他の人が見る場合もわかりやすいです。

スムーズに共同編集できる

一方向ではないため、他の話題を邪魔することなくスムーズに共同編集ができます。各々が編集に参加することで認識を共有しやすくなります。

テキストツールのようにに簡単に使える

テキストツールと同じ感覚で文字を書くことができます。カード同士の結合や分離も可能で、直感的な操作で情報の整理をとても簡単に行うことができます。

例えばこんな風に使います

例1)postalkの課金体系について

postalkの課金体系について話し合いました。

postalkの性質を洗い出し、それらをラダーアップ(抽出)してなにが課金ポイントとなるか決定しました。

postalkではカードのコピー・編集・結合ができるため、物事を洗い出してそれらを整理することがとても簡単にできます。

例2)postalkのティザーサイトについて

postalkのティザーサイト(今見ているこのサイト)のコンテンツの話し合いにも利用しました。付箋やチャットでやりとりしながら、サイト構造を決定していきました。

Webサイトや図など、画像を用いた議論がしやすいのもpostalkの特徴です。

ユーザーインタビュー

株式会社Lucky Brothers & co. 下津曲さん

postalk.io を開発する前から交流があり、プロトタイプを操作・レビューしてくれた株式会社Lucky Brothers & co.の下津曲さんへインタビューしてみました。

下津曲さんへのインタビューはこちら

タイムクラウド株式会社 西小倉さん・元廣さん

生きた時間を増やす時間共有ツール TimeCrowd を運用しているタイムクラウド株式会社の西小倉さんと元廣さんにインタビューしました

西小倉さん・元廣さんへのインタビューはこちら


まずは無料で始めましょう

.postalk.io無料のβ版利用に申し込む

β版終了後は、有料(チーム提供、1ユーザーにつき500円程度)で提供予定です。

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加